お知らせ

2016.05.01
次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」
2013.11.30
ホームページをリニューアルしました。

お知らせ一覧

ご挨拶

上杉鷹山の経営学 ~不況に打ち勝つ経営とは?~

みなさんは「上杉鷹山(うえすぎようざん)」をご存知でしょうか。
江戸中期の大名で、出羽国米沢藩の第9代藩主です。

幕府への領地返上を考えるほどの財政危機に瀕していた米沢藩を斬新な藩政改革と藩士の意識改革で見事に甦らせた江戸時代屈指の名君として知られています。行財政改革の先駆者といわれる上杉鷹山のその手法には組織管理・人間管理の要諦が詰まっています。

もう少しわかりやすく説明しますと「経営改革というのは、単にバランスシートに生じた赤字をゼロにすることではない。改革を進めるには、人づくりが大切だ。人づくりを無視した改革は決して成功しない」ということや「客(地域住民)に対するサービス精神を、何よりも経営の根幹におくべきである」という今日的な企業精神が随所にみられることがわかります。

また、鷹山は経営改革の2本柱に「生産品に付加価値をつけること」と「人づくり」を掲げています。これはまさに現代版、まちづくり活性化の原点とも言えます。この改革は成功し、やがて米沢藩は赤字を克服します。

米沢の人々は、「上杉鷹山公の行った経営改革は、赤字を解消しただけではない。人間の心の赤字を消したことだ。人々の胸に、もう一度、他人への愛、信頼という黒字が戻った」と称えたそうです。

為せば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり

この言葉の意味は、
「やろうと思えば何でもできます。できないのはやろうと思わないからです。
やろうとすることは他人のためではなく、自分のためになるのです」
という深い意味合いが含まれています。

幣事務所は、普段、会社経営にご多忙な
中小企業のオーナーさまに代わって、記帳から決算、
税務申告、税務調査の立会いのほか、
経営・会計処理に関する指導並びに相談を
一括してお引き受けしております。

上杉鷹山公からの学びにもありますように、
弊事務所も、人の世が愛と和にあふれ、
みながみな自らの持つものの中で、
幸せを感じられる世の中となることを心より願っています。

松田哲也税理士事務所

登録:
四国税理士会高松支部
第111918号
所在地:
〒761-0443
香川県高松市川島東町935番地5
アクセス
受付:
午前9時~17時
定休日:
土曜・日曜・祝祭日
TEL:
087-887-3188
FAX:
087-887-3199
メールでのご相談

ページの上部へ戻る